ぷらっとパチリ

* 旅先や東京のトイデジ(VQ5090 ,VQ5015 ,VQ1015 entry)写真blog 

Category :  スポンサー広告
tags : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイデジ
ヨーロッパ旅行





Category :  Paris(パリ)
tags : 

ブリュッセルでのタリス乗り場は南駅になる。 

チケットは日本からディスカウントチケットを購入(¥4100)

タリス:Brussels MIDI→ Paris nord
所要時間:1時間22分

 

電車は20分前ぐらいには到着していた。
とりあえずスーツケースを置いて食料調達に駅構内の売店に向かう。
こういう電車に乗る時はよく自転車をとめるときに使う
(100均の)鍵をスーツケースに掛けて行く。

ちなみにタリスはスーツケース棚が各車両の前後にあるので柱と結ぶことができるが、
少なくともベルギーやオランダの普通の電車は席の上の荷物棚しかないので
椅子に座りたければ日本でいえば新幹線のドア付近の小スペース
(向こうは2畳ぐらいの広さはあるけど)に放置する。←多分自転車スペース?

ただしスーツケースを止めておけるような柱はないので
電車が揺れるようだとスーツケースが動くし、盗難面でも気が気ではない。
席の荷物棚は中型より少し大きいぐらいのスーツケースなら乗せられなくないかも。
↑ それでも少しはみだします。

最寄り駅ポスター 
IXY  picnik

 

南駅はタリスの発着に使われるだけあり広い。
売店もいろいろあるけど、わくわくするような店は無い。

私はコンビニに行ってみた。
ナチュラルローソンみたいに自分のところで焼いているパンがあり
買っていく人が多かったので私も買ってみた。

するとこれがおいしい!
クロワッサンを買ったんだけど
外はサクサク、中はモチモチ、パンそのものにほんわか甘みがある。 

このコンビニで結構並んでしまったので、慌てて電車に戻ると
自分の席にフランス人のおばさんが。
横の人と知り合いなので席を替わってほしいと言われた。
フランスではあたりまえなのか、こういうことが帰りの飛行機でもあった。
元の席の方がいい席だったので嫌だと言っても、「いいじゃない、ネッ、ネッ」
といった感じで半ば強引に替わらされる。
そんな風だと 心情的にますます替わってやりたくないと思ってしまうのだうーん…
しかも飛行機は本来の席は後ろに誰もいない席だったのに
替わった席は後ろが子供で、シートをガンガン蹴られ最悪。時間も長いのに・・・。
やっぱりフランス人なんて嫌いだ大泣き

 

ちなみにパリの北駅は治安が悪いと言われるが私は大丈夫でした。
(無意味にジロジロ見てる人もいますが)
実際ここを利用する多くの安全な方たちの方が多いし。

Paris 運河前カフェと犬 
IXY picnik

今では東京でもたくさん犬を見れるようになったからそれが当たり前だと思っていたけど
パリの犬は汚い。

東京の犬はきれいにしてもらってるんだな~
室内で飼ってる人が多いだろうし、日本は土足じゃないから
汚い犬を室内で飼いたくないのかも。

パリではリードなしも多いから撫でたいけど、近くに来ると「ウッ」となり手が出ない。
(イヤ、そこまでバッチくはないけど、東京のきれいな毛並みに慣れてしまった)

 

猫 (5) 
IXY picnik

猫はほとんど見ない。
飼い猫ばかりで、ノラはまずいないらしいです。



トイデジ
ヨーロッパ旅行





スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

2009/08/09
パリの日曜日

Category :  Paris(パリ)
tags : 

今日は朝からヴァンヴ蚤の市に行く

蚤の市  蚤の市1
IXY

 


欲しかった形の麦わら帽子が20€で売られている。
試着して、長い間迷っているとお店のおばさんが

帽子2  
VQ1015 entry

「15€でいいよ」と言ってきた。
正直20ユーロでも安いと思っていたが、この夏は帽子をたくさん買ってしまったので
迷っていた。
にも関わらず「10€なら」とあつかましく言ってみた。
もちろん首を振られ、そこから1€ずつ上げて交渉していったが結局15€にしかならず
その値で買ってしまったガーン
(いいや、思い出、思い出・・・っと)

一時期日本でもアンティークレースが流行ったけど(今もかな?)
多分日本人も多く買いに来るのか、今回で3回目のヴァンヴだけど
ビンテージと思われるレースを扱う店が多く感じた。

 

赤い椅子と犬  
IXY  picnik 

日曜日はスーパーやデパート、お店も閉まっているパリですが、
シャンゼリゼ通り、サンジェルマン界隈、マレは営業している店も多い。
そしてみんなご存じなようでその地区は賑わっています。
サンジェルマンやシャンゼリゼのラデュレは営業していますよ。
ラデュレは店内撮影禁止みたいです。
写真を撮っていた外国人が注意されていました。

あとは私のお気に入りのセレクトショップ spreeも営業してるので
興味のある方は足を運んでみてください。
シンプルだけど雰囲気のある服が置いてあり、着まわしやすいものが多いです。
イザベルマランも扱っています。
免税もやってくれます。

昔はサンジェルマンにもショップがありましたが、今はモンマルトルだけになったそうです。
日曜の営業時間は確か15:00~19:00という
変わった時間帯だったと思うので一応確認してくださいね

参考までに195€で買ったカーディガン
免税で170ユーロ、日本円で23800円が
現在ジャーナルスタンダードで35000円で売られていましたヨ。

 ピカ美椅子
IXY
ピカソ美術館


買い物はもう済ませたという人は、
日曜日は無料になる美術館も多いので美術館巡りもいい。
私はピカソ美術館とPalais de Tokyoが好きです。

日曜やってるのか知りませんが、ルーブル近くの移動遊園地にある
観覧車もおもしろいです。(高所恐怖症の人は注意)
日本と違ってドアや屋根はないし、スピードは速いし、何回も回ります。

肛門 
IXY

日曜は 夏の必需品ミネラルウォーター1本探すのも苦労するので
前日には用意しておくことをお勧めします。

 

今日は最後の夜ということもあり、こちらもお勧めセーヌ河クルーズへ赤いハート
夜景を見たいと思って21時台の便に乗り込みました。
最初は夕景だったのですがノートルダム辺りまでくるとかなり暗くなっていました。
この時期半袖でもなんとか行けましたが、エッフェル塔を引き返す辺りになると
一枚カーディガンが欲しい感じでした。
以前9月頭に乗った時は夕方でしたがごついウールのカーディガンでも寒かったです。

これって30分ぐらいかと思ってたら1時間も乗ってるんですね。
着いたら22時を過ぎておりバス停で暗がりの中一人で待つのが怖かったです。

バスに乗るもインフォメーションがずれており、見知らぬところで降ろされてしまった。
もう23時になってることもあり、
一人で海外でこの時間うろつくのは初めてだったのですごくあせりましたが、
幸い1つずれていただけだったようでホテルに無事帰れました。

パリ最終日、フルに動き回りました。

 

 

おまけ

屋上から 
IXY  picnik

日曜は行けないけどデパートのラファイエットの屋上からの眺めは最高です。
モンマルトル寺院からなんて疲れるだけで景色はイマイチ
モンマルトルは端っこ過ぎて、小さく中心地が見えるだけなんです。
その点ラファイエットは中心地にあるので、知ってる建物がよく見えます。
夜の凱旋門の上もきれいですstar6

 


トイデジ
ヨーロッパ旅行





テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

Category :  Paris(パリ)
tags : 

特典航空券では帰りの便はすでに成田直行はとれず
関空を経由して帰らなければならなかった。(羽田なのはラッキー)

飛行機は13時55分だったので
旦那様に食べさせたいと、ラデュレのマカロンを買いに行き一度ホテルに戻る

行きと同じようにロワシーバスに乗るが結構混んでいた。
私は目的の便に乗れたけど、立ち乗りは駄目なのか
はたまた出発時間だったからか並んでいた人全員は乗れなかった。

 

免税手続きは並ぶことなく、今回も買った物を見せることなくあっさり終了
そしてショックなことに空港にラデュレがマカロンを売っていました。
ただ店舗ではなく屋台みたいな簡易的なものなので、ない時もあるかもしれませんが。


帰りはJALでもコードシェア便でエルフラの飛行機で帰るので、
カウンターもエルフラでチェックインしなければならなかった(国もしくは航空会社によって違う)

「関空行きだけど、羽田まで行くんだよね?」
「ハイ」
「$%&#?‘#&・・・」←英語で何か言っている。
多分スーツケースを関空で何かしなきゃいけないようなことを言っているみたいだけど
はっきりとはわからない。
あやふやにして後で困りたくは無いので、ここははっきりわからない素振りをする。

すると日本語ができるスタッフに電話をつなげてくれて
「一度関空でスーツケースを受け取らなければいけません」とのことでした。

 

空港の免税店を楽しみたかったけど、カウンターでもかなり並び、入国審査もすごく丁寧で
遅々と進まない。
3時間前ドゴールに着いたのに免税店に着いたのは出発30分前!

私は2Eターミナルだったんだけど、食べ物の免税店が少ない。
いくつかの免税店には日本人スタッフがいました。

結局飛行機も定刻には出発せず出発時間あたりから搭乗手続きが始まりました。

 

 

 朝焼け
VQ5090

飛行機の窓からみた朝焼けです。
ビビカムならおなじみの景色ですね。
もちろん画像は編集してません。

 

関空に着いたのは定刻通り翌朝8:25

スーツケースが出てくるところでは麻薬探知犬がみんなの臭いをチェックしていました。
(成田はなかったそうです)
スーツケースを受け取ると案内に沿って国内線乗り場に移動。
12:50の便でしたがチェックインでき、スーツケースを預けることができました。

ずいぶん時間があるので梅田まで出ようかと空港の外へ出たら日本の夏が!
まるでサウナです。
北欧からパリに来た時は日本と変わらないなんて思ってしまったけど、
やっぱりヨーロッパは爽やかだったんですね~。
(まあ、私の出発したころは冷夏か?!なんて言われていて暑くなかったんですけどね)

14:00羽田に到着。
今まではほんとさびしかったけど今回は
「ヨーロッパもこんだけ居たら飽きるな~」という気持ちでした。

北欧を出る時が一番せつなかったですガーン


トイデジ
ヨーロッパ旅行





テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。